藤原北家, 摂政・関白, 天皇, 藤原道長, 藤原頼通

Free
カートに追加

630(舒明2)年の犬上御田鍬の派遣に始まり、894(寛平6)年の菅原道真の建議による中止にいたるまで、十数回にわたって唐に渡海した。

From ¥2,800
カートに追加

律は刑罰法、令は教令法。国家の統治組織、官人の服務規定、人民の租税・労役などを定めた。

From ¥3,800
カートに追加

From ¥2,800
カートに追加

618年に隋が滅び唐がおり貞観の治と呼ばれる盛期を迎え、周辺諸国を圧迫した。日本は大化改新を契機として律令国家の形成。

From ¥2,800
カートに追加

系図から蘇我氏と天皇家の深い関係が読みとれる。皇位継承をめぐって山背大兄王・古人大兄王・軽皇子、中大兄皇子の間に確執があり、蘇我入鹿は権力を強めた。

From ¥1,000
カートに追加

蘇我稲目は娘2人を欽明天皇の妃とし、多くの皇子・皇女の外戚になることによってその権力を確立した。

From ¥1,800
カートに追加

日本に伝来した仏教は北方仏教(大乗仏教)系列

From ¥1,800
カートに追加