618年に隋が滅び唐がおり貞観の治と呼ばれる盛期を迎え、周辺諸国を圧迫した。日本は大化改新を契機として律令国家の形成。

Free
カートに追加

『隋書』東夷伝倭国条は、600年の第1次遣隋使を記録している。隋の文帝に非難されむなしく帰国したが、対朝鮮関係の打開がのため、外交が新しい課題となった。

Free
カートに追加

卑弥呼は239年に魏の皇帝に使いを送り親魏倭王の称号とその金印紫綬、銅鏡100面などを与えられた。

Free
カートに追加

4世紀なかばには半島西南部の馬韓の地に百済が東南部の辰韓の地に新羅が成立し三国時代に入り7世紀まで抗争を続けた。

Free
カートに追加

江南の宋と華北の北魏の併存から589年の隋による中国統一までの南北分裂期

Free
カートに追加

日本に伝来した仏教は北方仏教(大乗仏教)系列

Free
カートに追加

高句麗の好太王碑の碑文には倭が高句麗と直接交戦したことが記されている。

Free
カートに追加

人類の進化 - 猿人から新人までの進化の過程で、それぞれが共存していた期間が長かったこともわかってきた。

Free
カートに追加

エジプト最大の王といわれるトトメス3世はシリアやナイル川上流のヌビアを征服して帝国的な支配をおこなった。

Free
カートに追加