東北では各地におかれた城柵を行政拠点として、東国などの各地から移住させた農民による開拓を進める一方、帰順した蝦夷を国内各地に俘囚として移住させ、蝦夷の地への浸透がはかられた

From ¥3,800
カートに追加

630(舒明2)年の犬上御田鍬の派遣に始まり、894(寛平6)年の菅原道真の建議による中止にいたるまで、十数回にわたって唐に渡海した。

From ¥2,800
カートに追加

1871年、幕藩体制の旧態を解体し、全国を政府の直轄地とする改革。木戸・大久保らが提唱。薩長士3藩から御親兵を集めて武力を強化し、廃藩を断行。

From ¥2,800
カートに追加

From ¥2,800
カートに追加

618年に隋が滅び唐がおり貞観の治と呼ばれる盛期を迎え、周辺諸国を圧迫した。日本は大化改新を契機として律令国家の形成。

From ¥2,800
カートに追加

『隋書』東夷伝倭国条は、600年の第1次遣隋使を記録している。隋の文帝に非難されむなしく帰国したが、対朝鮮関係の打開がのため、外交が新しい課題となった。

From ¥2,800
カートに追加

卑弥呼は239年に魏の皇帝に使いを送り親魏倭王の称号とその金印紫綬、銅鏡100面などを与えられた。

From ¥3,800
カートに追加

4世紀なかばには半島西南部の馬韓の地に百済が東南部の辰韓の地に新羅が成立し三国時代に入り7世紀まで抗争を続けた。

From ¥2,800
カートに追加

江南の宋と華北の北魏の併存から589年の隋による中国統一までの南北分裂期

From ¥2,800
カートに追加