7〜9世紀の東アジアと日唐交通

詳細サイズ(単位:ピクセル), ファイル名

WEB M(RGB, PNG)
1200 × 1346, 7-9-asia_rgb@1200.png
WRB L(RGB, PNG)
7284 × 8168, 7-9-asia_rgb@300ppi_rgb.png
PRINT(CMYK, JPG)
7284 × 8168, 7-9-asia_cmyk@300ppi_cmyk.jpg
FREE
500 × 561, 7-9-asia_rgb@500-l.png

日本からの遣唐使は、630(舒明2)年の犬上御田鍬いぬかみのみたすきの派遣に始まり、894(寛平6)年の菅原道真すがわらのみちざねの建議による中止にいたるまで、十数回にわたって唐に渡海した。 8世紀には遣唐使がほぼ20年に1度の割合で派遣され、唐の進んだ政治・文化や文物を伝える役割を果たした。遣唐使がもたらした文物は、古代日本の国家体制や文化の形成に大きな影響を与えた。 また、唐の長安からも日本の和同開珎わどうかいちんが発見されている。遣唐使は、大使・副使以下、留学生・学問僧、船員などからなり、多いときには500人以上の人々が、4隻の船(四船よつのふね)に分乗して東シナ海を渡った。しかし、造船や航海の技術はまだ未熟な段階であり、途中の海上で遭難することが多かった。

日唐交通, 唐の都護符所在地, 唐の節度使所在地, 渤海の五京, 流求, 契丹, 広州, 泉州, 福州, 台州, 天台山, 明州, 越州, 揚州, 江都, 長安, 洛陽, 汴州, 楚州, 青洲, 登州, 慶州, 大宰府, 大津浦, 難波津, 平安京, 平城京, 松原客院, 能登, 多賀城, 秋田城, 幽州, 杭州, 蘇州, 五台山, 渤海, 日本, 新羅, 唐, ウイグル, 東京龍原府, 中京顕徳府, 上京龍泉府, 西京鴨緑府, 南京南海府, 安東都護符, 単于都護符, 安北都護符, 范陽節度使, 河東節度使, 平盧節度使, 鎮北都護符, 嶺南節度使

You may also like

1回の購入で20画像を無料でダウンロードできます。

¥39,800
Add to cart

1回の購入で40画像を無料でダウンロードできます。

¥59,800
Add to cart

1回の購入で80画像を無料ダウンロードできます。

¥99,800
Add to cart