天皇・蘇我氏の関係系図

系図から、蘇我氏と大王(天皇)家との深い関係が読みとれる。大化改新の直前に舒明天皇が死去し、皇極天皇が即位した。その後の皇位継承をめぐって山背大兄王・古人大兄王・軽皇子、そして中大兄皇子の間に確執があり、一方では権力を強める蘇我入鹿の存在があった。